今この瞬間!

雑記と北九州市とその周辺の食レポや日々の食事について

マンガ「僕はコーヒーがのめない」第一巻を読んだ感想!

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

(∩^o^)⊃━☆

読者登録よろしくお願いします

 

久々に読んだマンガ「僕はコーヒーがのめない」を読んだ感想

 

この本の概要

この漫画は2014年8月4日に初版本が出ています。「週刊ビックスピリッツ」に2014年24号~31号に掲載されいています。

原作 福田幸江

作画 吉城モカ

監修 川島良影(コーヒーハンター)

「私はコーヒーで世界を変えることにした」の著者

ネタばれ注意でお願いします。

この本の背景には、前回のブログ記事「サードウェーブとスペシャリティコーヒー」

がでてきます。2015年から日本で始まった。サードウェーブとスペシャリティコーヒーが2014年に書かれたこの本には先駆けて書かれています。

 

www.hitoritabi.shop

 

大まかなあらすじ

おおまかにあらすじを言うと、この本の登場人物たちの勤務する会社はTDC「東京ドリンクカンパニー」という創立50周年を迎える老舗の飲料水の会社で、RDC[レッドダイヤモンドクラブ」という最高のコーヒーを扱う、会員制のクラブに、勝負を挑つつも、今現在世界で起こっている、コーヒー業界のサードウェーブを、日本で起こし、それをけん引していこうとする、奮闘と学びのストーリーとなっています。

この本に魅力を感じた理由

この漫画にまず最初にひかれた要素はタイトルの「僕はコーヒーがのめない」という、一風逆説てきなタイトルですが、序盤でその理由はすぐにあきらかになります。この漫画の主人公である、花山太一は、無類のコーヒーオタクで、美味しいコーヒーしか飲めない。RDCの会員でもある。

 

つまり、「僕はまずいコーヒーがのめない」ということだったのです。この花山はシャイでおとなしく、普段はパッとしませんが、コーヒーの知識は並外れています。読者から見れば、未完成な主人公たちの成長とコーヒーに対する情熱が伝わり、ともに知識を深めていくような、臨場感があり次第に本書にひきこまれていくような展開になっています。

第一巻の山場

第一巻はプロジェクトチームの誕生(その名もサードウェーブプロジェクト)と、強敵であるRDCとのつばぜり合い?(RDCの主宰 天堂周五郎には、かなりの余裕がある)

それぞれ個性的なチームの面々に囲まれて、主人公の花山太一が徐々にやる気を出していく様子などが描かれています。

コーヒー通ならもちろんのこと、コーヒーにさほど興味がなくても面白く読めるマンガです。

 

今日はお昼に、久しぶりに、かつやに行きました。

ロースかつとトン汁定食

 

いかがでしたか、前回に引き続きコーヒーのお話でした。

最後までお読み下さりありがとうございました。

よろしかったら、ご意見や感想をいただけたらうれしいです。

 

メインブログの方もよろしくお願いします。↓

 

hitoritabi.shop

hitoritabi.shop

hitoritabi.shop

 

www.hitoritabi.shop

 

www.hitoritabi.shop

 

www.hitoritabi.shop

 

www.hitoritabi.shop

 

www.hitoritabi.shop

 

www.hitoritabi.shop